2016年11月30日

ピチスの嘘の範囲とは

ピチスの発信のどこからどこまでが作話なのか、それははっきりしません。

レベル1-ツイッターから
「治ったなら副反応ではなかったのでは」ではなく、
「副反応の診断がそもそもあったの?」、ここからです。

ピチスの主張
http://twitter.com/peach0987/status/803835900262252544
>事務局長からは「それ副反応よ!」と言われ、
>N医師からは「HANSです」と診断されましたが・・・

http://twitter.com/peach0987/status/804106224333570048
>そうだ!!
>ワクチン接種の問診票3枚
>N医師の病院での治療同意書
>N医師が書いた診断書

>今度持っていこう。 ←どこへ?

>うん・・・そうしよう!!

ピチスはほのめかしただけで実行しないまま鍵をかけました。
証明する気があるならできたのにー。

証明方法
https://twitter.com/erndrvn/status/804662047061331968
・診断書コピー画像をツイッターに載せる。もちろん個人情報は隠す。
・バレエに関する質問に答える。画像を出す。
・車椅子の「おさがり/2台購入」について説明。
・長女の接種について説明。
・回復途上で「回想録」を始めた理由を説明。

逆に言えば、以上なしに疑惑払しょくは不可能。

※ツイッターにあった画像は6点ほど、すべて料理関係。
「とうもろこしごはん」など、日常の普通のもの。

レベル2-ブログから
そしてピチスのブログを見て思ったのは、人物像です。


ブログを見た第一印象は
「トイプードル4匹+庭犬(日中のみ庭?)1匹」→「子供のいない夫婦?」

それどころか、犬ばかりで「人間」の気配がまったく伺えない。
後姿もない、体の一部もない、持ち物さえない→「夫と娘二人は存在してるの?」

ピチスの家が大変裕福そうに見え、かつ犬以外の気配がない・・・
「結婚もしていない、お嬢様という可能性もあるぞ?」

作話最大の場合:「ピチスは独身で、夫も娘二人も存在しない」
作話最少の場合:「夫と娘二人はいるが、副反応と回復話は作話」※

※実際に副反応があった場合、作話で劇的な回復話なんて書かない、書けない、書きたくもないと思うのです。万一書くとしたら、副反応としては軽かった場合。でもその分作話の度合いが大きくなるわけで、それをできるとしたら良心が欠落しているということに。

想像としては「副反応ではない不快症状で施術を受けて結果が良かった人」かなと。
「けら=keikomと林(Lim)の共同行為」「望月はオマケ」

施術者が紹介しているのだから作話はないはず、と普通は考えるものですが、
むしろ、施術者のほうから「複数の例をピチスさんの事例として書きませんか」だったのでは。
ピチスの発信はあまりにも不審点が多い、かつ施術者が紹介している。
両者が共存成立するには施術者の了解、というより指示があったとしか考えられない。
これについては次記事で述べます。

2017/01/05追記
直接の施術者ではなかった林(Lim)とけら=keikom、どちらが言い出したかはともかく、
「合意のもとで進めた+治りますよの会員も協力した、会をあげてのプロジェクト」と見ています。
それが「プロジェクト・ピチス」。


posted by Erin at 12:00| Comment(0) | プロジェクト・ピチス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピチスの嘘と時系列

ピチスへの@
http://twisave.com/erndrvn/search/peach0987?sort=as
望月氏への@
http://twisave.com/erndrvn/search/clea_chiro?sort=asc
林(Lim Suk Ho)/ オーソゴニスト氏に言及
http://twisave.com/erndrvn/search/%E6%9E%97%E6%B0%8F?sort=asc

嘘・作話と思われるもの、不自然すぎるもの(解説後述)
・トゥシューズ
・ダンス関係後出し
・車椅子「3台」
・症状や完治の時期のぶれ
・姉の接種に言及ゼロ
・接種させた後悔と自責ゼロ
・治療開始10日程度で「回想録」
・年末に東京でミュージカル鑑賞(劇団四季「リトルマーメイド」)
・夫の父が他界した翌年始、通常の「お正月」

時系列
2015年
10月 副反応発症、受診翌日から強い症状
10-11月 登校出来たりできなかったり
12月 完全に登校できなくなり自宅静養

2016年 以下を参照
プロジェクト・ピチス〜村中璃子と連動
http://nohpvv.seesaa.net/article/445314367.html
ピチスのブログ 削除記事が意味するものとは
http://nohpvv.seesaa.net/article/445533259.html

トゥシューズ
「治療開始の4週間後にトゥシューズで立った」

1.体力や運動能力の衰え
10月発症→3月末治療開始、2週間で歩行、3週間で走行、4週間でトゥシューズ
6か月の体調不良、1ヶ月以上の歩行不能、歩行開始から2週間でそこまで回復するか?

2.バレエのブランク
副反応を発症sる前にレッスンをやめていると思われ。
8/29ブログ 
「以前やっていたクラッシックバレエをまた再開し」
→バレエのブランク期間は?

発症直前までレッスンをしていたと仮定しても、
発症(と自覚した時点)の10月以降、登校が困難になる体調でレッスンをしたはずがない。
→最短でも6か月はレッスンをしていない。

レッスンを再開したのはいつ? 弱っていた足でポワントは無理でしょ?
バレエシューズ→ドゥミポワント→トウシューズ、では? バレエ教師は何と?

3.当時まったく言及されていない
4月20日前後に当たるが、ピチス望月氏も、当時まったく言及なし。

11/29 トゥシューズの件で質問した途端、ブロック
12/01 ツイッター非公開
12/02 ブログ非公開

ダンス関係後出し
ツイッターでは、ずいぶん後から徐々に出てくる。
07/10 「ダンス」初出
08/07 「バレエ」初出 
11/04 「トゥシューズ」初出 

車椅子「3台」
05/30「去年他界した、認知症だった義父の介護に使っていた車イス。今年は娘が使っていた」
11/01「購入した車椅子・・・外用と部屋用」←2台目3台目
https://twitter.com/erndrvn/status/804296130313916416

症状や完治の時期のぶれ
6月完治/6月まで強い症状があったかのような表記
https://twitter.com/erndrvn/status/803505870873116673
7/29と10/25に「4か月前まで使っていた」杖、歩行器、車椅子
https://twitter.com/erndrvn/status/803507336706785280

姉の接種に言及ゼロ
接種時:中1、当時中3だった長女について接種の有無言及なし

接種させた後悔と自責ゼロ
被害者は「回避できなかった自分」を責めてしまうものなのに?
https://twitter.com/erndrvn/status/803650664794451968
https://twitter.com/erndrvn/status/804147224439468032

治療開始10日程度で「回想録」
https://twitter.com/erndrvn/status/804487771444244480

年末に東京でミュージカル鑑賞(劇団四季「リトルマーメイド」)
10-11月 学校に行けたり行けなかったり
12月 まったく行けず、自宅で静養
上尾近辺の自宅から劇場まで、車で1時間?、公演2時間、食事もして、となれば半日以上。
当時の体調として可能か???

夫の父が他界した翌年始、通常の「お正月」


posted by Erin at 00:00| Comment(0) | プロジェクト・ピチス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

ピチスと仲間たち バトルの始まり

基本情報〜林(Lim)氏・望月氏
http://nohpvv.seesaa.net/article/444641928.html
基本情報〜「治りますよの会」
http://nohpvv.seesaa.net/article/444622645.html

「治りますよの会」と現在呼んでいるものの、最初から彼らを否定していたわけではありません。

HPVV被害者のツイートを読むうちに「回復した人」がいるらしいことがわかり、辿っていくとそれらしき人=ピチス@peach0987 がいて、ツイートを読んでみました。
そこで引っかかったのが、「回復した多幸感で周りが見えなくなってる?」でした。
要は、治療中の人に向けた言葉が非常に無神経だったんですね。

で、配慮をお願いしますという@を書いてみた。
https://twitter.com/erndrvn/status/803428037765173249
上記を含めて以降をまとめて読む→ツイセーブ
http://twisave.com/erndrvn/search/peach0987?sort=asc

そしたら、ピチスとお仲間が揶揄嫌味あてこすりを競うかのように連発。

なんだこの人たちは!?と思いながらピチスのツイートを見ていると、
「ん!?」というものが出てきた。
どーにも成立しそうにないエピソード。「トゥシューズ」。

事実確認の質問をした途端にブロック。
https://twitter.com/erndrvn/status/803482487691149312
(さっきまでは嫌味攻撃を送ってきてたのに!笑)

これは作話の自白か?と思ってさらに見ていくと、次々に不自然な件が出てくる。
https://twitter.com/erndrvn/status/803501783653851136
あっという間に「作話」がばれた。

ピチスの「作話」については次記事から。


posted by Erin at 00:00| Comment(0) | プロジェクト・ピチス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

ヨミドクター 2.中谷康一vs自称産婦人科医












2016/03/04 (自称)産婦人科医とkeikomのやりとり https://twitter.com/search?f=tweets&vertical=default&q=%40syutoken_sanka%20%40keikolaos&src=typd


posted by Erin at 18:00| Comment(0) | けら=keikom→モモカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨミドクター 1.捏造疑惑濃厚

2016/11/08 ヨミドクター
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161108-OYTET50045/

● 問題指摘記事一覧
● 詳細

● 問題指摘記事一覧
2016/11/09 まとめ
ヨミドクターに掲載された子宮頸がんワクチン体験談の真偽について
http://togetter.com/li/1046359
2016-11-09 ほたかのブログ
ヨミドクターの子宮頸がんワクチン回復者の取材記事について思うこと(追記あり)
http://ameblo.jp/karasawa-hotaka/entry-12217702642.html
2016-11-09 ほたかのブログ
捏造!隠ぺい! ヨミドクター編集長の取材記事〜子宮頸がんワクチン被害からの回復??
http://ameblo.jp/karasawa-hotaka/entry-12217942762.html
2016-11-11 ほたかのブログ
市民が声を挙げる大切さ〜”ヨミドクターの【子宮頸がんワクチン特集】記事について”
http://ameblo.jp/karasawa-hotaka/entry-12218528422.html
2016-11-11 NANAのブログ
ヨミドクターの【子宮頸がんワクチン特集】記事について
http://ameblo.jp/nana7770214/entry-12218399621.html

● 詳細
2016/11/09 まとめ
ヨミドクターに掲載された子宮頸がんワクチン体験談の真偽について
http://togetter.com/li/1046359


時間管理や不正防止には試験監督官が必要。
教員が自宅に出向いたとでもいうのだろうか?
往復時間を含めて生徒一人に費やされる拘束時間は?
高校の定期試験は1日で終わるものだったかな?
同日に別教員を向かわせる? その余裕があるのか?
別日に試験を行う? 問題漏えいの問題があるからダメでしょう。

2016-11-09 ほたかのブログ
ヨミドクターの子宮頸がんワクチン回復者の取材記事について思うこと(追記あり)
http://ameblo.jp/karasawa-hotaka/entry-12217702642.html
(追記)ヨミドクターの記事は捏造であったようで、訂正コメントもなく、記事内容が変更されています。しかし、岩永編集長がどんな演出で、どの方向へ世論を誘導したいかを読み解くには、最初の記事内容に基づいた考察は意味があるものと考えます。…(2016.11.10)

なぜこのような記事を、このタイミング(大阪の裁判の第一回口頭弁論日)で、
しかも、異例のN=1の伝聞記事を載せたのでしょう?
編集長の岩永氏の明確な意図があって載せた記事であることは間違いないと思います。

※「中1」が初出。SNSで指摘されるとこっそり修正「中2」
2011年(H23)
中1※の終わりに1回目(ガーダシルと記事にはあるが発売前)
2014(H26)
高1の3月末〜の春休みに、神戸の有名な整骨院へ行き、話を聞いてもらえる安心感と、治るという言葉で不安が軽減、半日の施術で帰りにスタスタ歩ける。(治療前に、どの程度の歩行困難であったのかは不明)
2015(H27)
高3夏前にはすっかり回復、
2016(H28)
大学に現役で合格した

2016-11-09 ほたかのブログ
捏造!隠ぺい! ヨミドクター編集長の取材記事〜子宮頸がんワクチン被害からの回復??
http://ameblo.jp/karasawa-hotaka/entry-12217942762.html
コメント NANAさん
記事を書いたヨミドクター編集長の岩永直子氏が、たった1日そこらで時系列の事実情報を書き換えるに至った理由は何なのでしょう⁉
岩永氏が中谷氏らのSNS上での早々の矛盾の指摘に気付いてハッとした⁉
だとしても、そんなに早く「当事者」に確かな事実の再確認を取って「訂正」できるものでしょうか。
まがりなりにも報道を生業としている読売新聞のヨミドクター編集長たる者、ワクチン接種の時系列は記事掲載前に当事者に確認しているはずです。
逆に、そういった事実の確認が曖昧なままに記事を掲載したのであれば編集長としての岩永直子氏の資質が問われる話になります。
ですから疑問が大きいのは、記事掲載のすぐ翌日にその「事実情報」が、何の釈明なしに簡単に書き換えられているという点です。これは説明なしの訂正で済まされる話ではありません。

レス ほたかさん
岩永氏の記事は、久住氏が書いたのでは?とか、時系列や内容が大きく変更され、「心因性」と思わせるために創作されているとか、いろんな疑惑が上がっているようです。

整骨院ではなく、カイロプラクティックと思われますし、高額なサプリ等怪しさ満載で、がん患者に群がるニセ医療とそっくりです。

傾聴や代替医療・食事療法を否定するつもりは全くないのですが、被害者を攻撃し、不安にさせ、そこから治療へ誘導・宣伝する手法は悪質極まりないものです。

2016-11-11 ほたかのブログ
市民が声を挙げる大切さ〜”ヨミドクターの【子宮頸がんワクチン特集】記事について”
http://ameblo.jp/karasawa-hotaka/entry-12218528422.html

2016-11-11 NANAのブログ
ヨミドクターの【子宮頸がんワクチン特集】記事について
http://ameblo.jp/nana7770214/entry-12218399621.html
読売新聞のヨミドクターが【子宮頸がんワクチン特集】と題した一連の記事を配信しています。
それらの記事は、HPVワクチン積極勧奨派の主張や言説に一方的に傾倒したものであり、公正な立場から社会の声を広くすくい上げる「社会の公器」という新聞社の役割と理念は、消え失せた幻想だったと改めて思い知らされるものでした。

私は本日、ヨミドクター宛に一連の記事対する疑問への回答を求めてメールを送ってみました。合わせていくつかの要望事項も提出しました。
まともな回答をいただくことは期待していませんが、送ったメールを参考までに以下に引用してみます。
(何らかの回答をいただいた時にはブログにて紹介します)



posted by Erin at 12:00| Comment(0) | けら=keikom→モモカ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする