2017年01月26日

嘘つきは泥棒の始まり-2 HPVV由来編

○ 有害事象⊃副反応
× 有害事象=副反応

林望月以下、「治りますよの会」は基本中の基本を確認してください。

下記は、いずれも虚偽です。
・「有害事象」を「副反応」と断言すること
・「接種後の症状から回復」を「副反応から回復」と主張すること

けらの場合、「有害事象経験者」以上を断言することは不可です。
HANS診断なし、
本人曰く「器質性※1と心因性」(器質性を治して次に心因性を治した、の発言あり)、
林(Lim)曰く「接種後の症状」を「自律神経由来」「HPVV由来関係なし」※2、

※1 器質性=症状や疾患が臓器・組織の形態的異常にもとづいて生じている状態。
 https://kotobank.jp/word/%E5%99%A8%E8%B3%AA%E6%80%A7-240508
 参照:けらの場合〜背景-1 身体的負荷 記事後半 ● ストレートネックの診断
 http://nohpvv.seesaa.net/article/445383460.html
 
※2 林の「」はけら一件についてでなく、「HPVV否定」になってきた全体傾向です。

副反応を断言できないのに断言

その上

副反応を自ら否定しながら、同時に副反応被害と回復を主張

HPVV由来を自ら否定するなら、けらはHPVVに関係ないでしょう? わけわかりません。

「一人目・二人目の快復者」としてのユミとモモカ、
いずれもHANS診断なし、にもかかわらず「副反応から快復」としてきた。
「○人目の副反応からの快復者」が「有害事象経験者」通算とは非論理もいいところですが、
「治りますよの快」は術者からしてそういう整合性を度外視する人々らしく、
まぁとにかく主張はバラバラです。

「副反応」→「接種後の症状」への言い替え、
「HPVV由来でなければなりませんか?」「ワクチン由来は関係ナシ」、
それでいて、ブログトップ固定で http://archive.is/0kYeW
「起立性調節障害、子宮頸がんワクチン副反応治療を各地で行っております」 意味不明。

-----------------------------------------------------------------------------

何らかの方法で症状が改善したとして、
可能性の一つとして知ってもらいたいと思ったなら、自分ならこう書く。

1.状況説明
「私はAの後BCD...の症状が始まり、Eの診断を受け、Dの療法で症状が改善しました」
2.療法の概略
「食餌療法の基本は...です。最適解は一人ひとり違い、指導はオーダーメイドです」
3.紹介・推奨
「症状の内容も程度も人それぞれですし、一つの治療法・療法が万能とも思いません」
「ただ、程度の差はあれど、何らかの改善が期待できるのではと思います」
「現在の治療とこの療法を併用するのも一つの選択と思います」
「関心を持たれた方はこちら(詳細URL・連絡先)を参照なさってください」

こんな感じです。

万能だとか、唯一無二(林発言)とか、
治したいなら(これをやるべき)とか、医療否定とか、
「治りますよの会」のようなことはしない。

「治るんです」は「個別事例の一般化」。
「治った事実」は「治った中身が不明」。

脚色のない報告とは、「由来を限定しない諸症状に対して」「改善傾向がある」。
ここまでがせいぜいです。


posted by Erin at 00:00| Comment(0) | けら=keikom | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

嘘つきは泥棒の始まり-1 個人情報・名誉編

けらのブログ http://ameblo.jp/myk14106/
 
※けらのブログ 1/17-1/28の記事13を削除。下記引用も削除該当。
「残しておけない内容だった」ということですね。

※2/17、けらさんのブログ・けらおのバインダーをようやく非公開。
(削除記事・アメンバー限定記事も公開していた)
次女への暴言とプライバシー侵害が酷く、当方が再三抗議した後やっと。

以下、記事がいずれも削除されているのだけど、
それってつまり、虚偽ハッタリだったってことですか!?

2017-01-21 私の過去のブログ
http://ameblo.jp/myk14106/entry-12240069797.html
アメンバー記事にしたものが私の意思に反して、どこかで公開されているようですが、

どこかもなにも、「けらさんのブログ」「けらおのバインダー」はけらのIDでしょ?
自分で公開しておいて、寝言ですか?

2017-01-21 すでに
http://ameblo.jp/myk14106/entry-12240248371.html
警察と弁護士には書類は提供してあるのだが、あとは時間とお金の問題。
お金を出せば、どうにかなるところまでは来てるんだけど、
こんなことに出すのもアホらしいとも思うので様子見。

悪質である事は専門家の目では確認済みだけど、
結果的に戻ってくるものが思ったより少なそうだしね、という事でストップかけてます。

でも、年度変わる前に何とかしたいので。。。
この人一人のみならず、周囲の人も一部対象です。裁き方は違うけどね。

嘘ですね。
>悪質である事は専門家の目では確認済み

林(Lim)も何かというと「被害届を出した」と書くらしいんですけどw、
2016/12/11のSNS一斉非公開騒動の後も書いてましたね。
生活権の侵害とやらが一体なんなのか、さっぱりわかりませんが。
要するに、林(Lim)もけら=keikomも、ハッタリが好きらしいということ。

けらの言う「被害」とやらは存在しません。
「誰でも見られる」「本人SNSの」「本人発の情報」です。何の問題が。
むしろこちらは「検索ですぐヒットした」「本人が出した情報」を、
知っていてもあえて出していません。検索語すら出していない。

ここまで配慮している相手に、裁くだのなんだの、恥知らずは最強です。

検索といっても、これもまた「本人発のSNS情報」を使っただけなので、
こちらが隠していても、検索して辿り着いた人はとっくにいるでしょうねぇ。
こちらが隠していることに、どこまで意味があるんだか。知らんけど。

2017-01-21 いろいろ
http://ameblo.jp/myk14106/entry-12240586609.html
中傷ブログのことで弁護士に相談に行った時

はいはい。事実整理、自分の嘘や中傷を指摘されることが中傷ね。


posted by Erin at 00:00| Comment(0) | けら=keikom | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

MRIC/ハフィントンポスト

「快復者」を精査する-2
http://nohpvv.seesaa.net/article/446080828.html
「快復者」を精査する
http://nohpvv.seesaa.net/article/445705239.html
OD・HANS診断と「治りますよの会」
http://nohpvv.seesaa.net/article/444937024.html

2016/12/17 二宮ゆい:けら=keikom http://medg.jp/mt/?p=7209
2016/12/21 ハフィントンポスト転載
http://www.huffingtonpost.jp/yui-ninomiya/side-effect-of-hpvv_b_13759396.html
ヒトパピローマウイルスワクチン接種後の症状から回復して

モモカ MRIC 桜花か桜桃か
http://nohpvv.seesaa.net/article/444991236.html

2016/12/23 前澤圭・礼子:ピチス http://medg.jp/mt/?p=7222
2016/12/28 ハフィントンポスト転載
http://www.huffingtonpost.jp/kei-maesawa/human-papilloma-virus-vaccine-side-effect_b_13867890.html
ヒトパピローマウイルスワクチン接種後に起きた娘の体調悪化とその回復について

プロジェクト・ピチス:医療ガバナンス学会
http://nohpvv.seesaa.net/category/26294337-1.html

2017/01/26 近藤まさみ:ハピネス http://medg.jp/mt/?p=7268
2017/01/20 ハフィントンポスト先行
http://www.huffingtonpost.jp/masami-kondo/hpv_vaccine_b_14280108.html
HPVワクチン接種後に起きた起立性調節障害様の症状からの回復

お母さん 私を元気にしてくれて ありがとう〜17人目の快復者〜
http://ameblo.jp/kokoronote96/entry-12103306371.html / http://archive.is/nGRdV
2016/10/08 ツイ http://archive.is/UDS5w

掲載日は、けら・ピチスはMIRC→ハフィントンポスト、ハピネスのみ逆。
この後さらにメディア報告があるとすれば、あずりん、はる。


● 副反応の主張と認識が、関係者それぞれにあやふや・バラバラなのはどういうわけだ?

1.「接種後の症状」HANS診断なし
娘の症状が一体何であったのか。ワクチン接種が強いトリガーとなって、症状を引き出したと同時に薬液も無害とは言い切れないと思っています。ただし、ワクチン接種のタイミングにまったく別の疾患がおきたと考えることもできなくはないでしょう。
HPVV副反応の主張ではない。
トリガーとは、別の何かに代替可能。
無害とは言い切れない、は可能性の全否定ではない、以上の意味を持たない。

上氏は「書いてあること」でなく「自分の認識」で発言している。
>HPVワクチンの副反応

ハフィントンポスト 記事URL「HPVVの副反応
side-effect-of-hpvv_b_
http://www.huffingtonpost.jp/yui-ninomiya/side-effect-of-hpvv_b_13759396.html

※手記が「副反応ではない」なのに、掲載誌が「副反応」。

2.「接種後に起きた娘の体調悪化」HANS診断あり
ハフィントンポスト 記事URL「ヒトパピローマワクチン副反応」
human-papilloma-virus-vaccine-side-effect_b_
http://www.huffingtonpost.jp/kei-maesawa/human-papilloma-virus-vaccine-side-effect_b_13867890.html

※手記「HANS診断あり」、掲載誌「副反応」で一致。

3.「接種後に起きた起立性調節障害様の症状」HANS診断あり

ハフィントンポスト 記事URL「hpvワクチン」
hpv_vaccine_b_
http://www.huffingtonpost.jp/masami-kondo/hpv_vaccine_b_14280108.html

※手記「HANS診断あり」。掲載誌「副反応」「hpvワクチン」。

1-3.
手記、上氏、ハフィントンポスト、全員が変
手記は、HANSの診断があっても「接種後の症状」。
上氏は、HANSの診断に関わりなく「副反応」。
ハフィントンポストは、非HANSに「HPVの副反応」、HANSに「hpvワクチン」。
 URL名の付け方がというよりも、認識が不統一・不適切

また、手記の題のつけ方も変。
1.妙なリレーがある。
ヒトパピローマウイルスワクチン接種後の症状から回復して
ヒトパピローマウイルスワクチン接種後に起きた娘の体調悪化とその回復について
ヒトパピローマウイルスワクチン接種後に起きた娘の体調悪化とその回復について
HPVワクチン接種後に起きた起立性調節障害様の症状からの回復

2.○○様の症状、の不自然さ
ハピネスの題「起立性調節障害様の症状」が作為的強調を感じるし、それなら
ピチスの題は「線維筋痛症様・慢性疲労症候群様の症状」であったはず。
ピチスの手記(作話)を出した後で、「○○様の症状」を思いついたのか知らないが、
林(Lim)が起立性調節障害とHPV副反応を類似の機序・症状として扱おうとしていることが
下地にあるのだろう。
「起立性調節障害に思える/診断されたその症状が、HPVV副反応と思われがち」
「HPVV副反応と思えるものは、起立性調節障害ではないですか?」の誘導。


posted by Erin at 00:00| Comment(0) | 治りますよの会:動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

確認できない伝聞としての攻撃

「保健所職員が言っていた」+集団攻撃
http://nohpvv.seesaa.net/article/444849980.html

2016/09/13 ピチス http://archive.is/HhB6v
https://matome.naver.jp/odai/2147050222993278701
ワクチン副反応から快復した報告をする為、保健センターや整形外科へ行った時、接種した小児科行った時・・ 「連絡会の方ですか?」 と怪訝そうな困った様な表情で初めに聞かれた。
「いいえ、私は連絡会とは一切関係ありません。」 と答えると、皆、ホッとした表情になった。

ピチスは居住地を「上尾のすぐ近く」と公言していますので、
上尾周辺の保健センターに問い合わせたら確認できそうですね。
「被害者連絡会について何か情報はありますか」で反応がわかるでしょう。

2016/10/22 はる http://archive.is/NgqGM
今後副反応疑いの連絡が来ても
連絡会には入会しないように助言すると保健所職員が言っていたな


Pon https://twitter.com/Pon6633/status/804546547274764288
そうそう、自治体も厚労省に上げるということで現況を確認するために調査しに来ました。事実を話しましたよ。診断結果や代替医療で治ったこともね。

Pon https://twitter.com/Pon6633/status/802326583876808705
診察してくれない医師って言っていますが、
そもそも、なんで診察してくれないが知っているのかな〜
特にあの団体に所属していると関わりたくないから
診察してくれない医師が多いのです


うちの場合は、団体に入っているか質問されましたが、
入っていないと言ったら医師は見てくれました。
医師が患者を背景で選別することは許されないはずですが?




● ツイッター検索
「@keikolaos クレクレ」https://twitter.com/search?f=tweets&q=%40keikolaos%20%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%AC&src=typd
「@oldboy2012 裁判」https://twitter.com/search?f=tweets&q=%40oldboy2012%20%E8%A3%81%E5%88%A4&src=typd
「@oldboy2012 寄り添い」https://twitter.com/search?vertical=default&q=%40oldboy2012%20%E5%AF%84%E3%82%8A%E6%B7%BB%E3%81%84&src=typd
「@oldboy2012 退会」https://twitter.com/search?vertical=default&q=%40oldboy2012%20%E9%80%80%E4%BC%9A&src=typd
「@oldboy2012 工作」https://twitter.com/search?vertical=default&q=%40oldboy2012%20%E5%B7%A5%E4%BD%9C&src=typd


posted by Erin at 00:00| Comment(0) | 被害者連絡会への攻撃 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

「快復者」を精査する-2 時系列突合せ

「快復者」を精査する-1 一覧との突合せ
http://nohpvv.seesaa.net/article/445705239.html
OD・HANS診断と「治りますよの会」
http://nohpvv.seesaa.net/article/444937024.html

2015/12/07 治療仲間たちの 副反応症状と過去の治療歴
http://ameblo.jp/kokoronote96/entry-12103540350.html
どこかの だれかさん もう自作自演とか 言わないでくださいね
この治療法を 信じて 頑張ってこられた方が根治した 事実を 受け止めてください

1.多くの病気は2-5割、平均3割が、放置またはプラセボで治ります。
2.自作自演の最たるものが、術者と信望者ぐるみの「プロジェクト・ピチス」です。

● 「○人目の快復者」のカウント
「林望月いずれかまたは双方の指導と施術を受けた顧客」での累計。
(例:望月が担当したピチスを林が「37人目」として発信していた)

● 「副反応」→「接種後の(不快)症状」に言い替え・主旨替え
「40人目」までは明確に「副反応からの回復」だったのが、
その後済し崩し的に?定義・表現がぼけてきます。

そもそも「副反応被害」については
「一人目のユミ」からして副反応の診断がない → http://archive.is/UFQrf
「二人目のモモカ」も副反応の診断がない → http://archive.is/wtIeN
 しかも、けら曰く心因性、林曰く自律神経由来、要は「副反応は関係ない」。

よって通算の「○人目の副反応からの回復」は、カウントとして全部嘘

・・・凄まじい嘘吐きっぷりですな。

● 不審点列挙
そもそものそもそも、
「副反応」の主張根拠不明(触診とオステオパシーで判断?)
「快復」の根拠不明(これも触診とオステオパシーで判断?)
「由来」も昨今は「HPVV由来にこだわらない/こだわるな」→「自律神経由来」

そして
「快復者」が実在する・事実通りである証拠は何もない。

さらに
林望月から後任者へ引き継いだ顧客の扱いが不明。
快復宣言の後、体調不良で大学中退する元顧客の扱い(定義・カウント)も不明。

50人いる割には、HNと報告が一致する者が数人しかいない。
ユミ、モモカ、oicyanmix=太陽の下、ハピネス、あずりん、ピチス※、

※ピチス=「太陽の下が下地」+「あずりんのエピソード借用」
※PonとWITHYOU(元KARIM*F)は代替医療で回復というだけで、林望月か不明。
※oicyanmix=太陽の下、はる、たんあやはus明。

◆続きを読む◆
posted by Erin at 00:00| Comment(0) | 治りますよの会:診断・治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする