2017年02月04日

虚像だらけ(中の人=my?)

けら=keikomが別人なりすましを多数やっているだろうことは確信しているんですが、
けらだけがしているという根拠は特になく、他メンバーもしてるかもねとは思ってます。

ピチスにしても、今のところけら=keikomかなと見ているものの、
重要なのは、「中の人が誰か」=「誰がなりすましているか」ではなく、
虚像を、「治りますよの会」がグルになって演出していること、そこです。

この記事で取り上げるのはこちら。
「子宮頸がんワクチン副反応専用」@kitunedekon https://twitter.com/kitunedekon
アカウント名(HN)が現「回復情報()」のようなものに見えなくもないですが、
中身は単なる個人です。そして大変嘘くさい。

「中の人」はmyかなぁ?といのうが今の見立て。
https://twitter.com/maya_attic
アカウント放置とピチス登場が入れ替わりなのがややひっかかるものの、

1.政治関係RTが多い けらよりはmyのイメージ。
2.HPVV関係では、特に早期はmyのRTが目立つ。
3.薬剤否定、特に向精神薬否定の強さがmyに近い。
4.書き癖「、、、」がmyと同じ。

これらの状況から、けらよりもmyだろうというところ。
しかし前述の通り、重要なのは「誰か」よりも「虚像である」こと。

HNを「子宮頸がんワクチン副反応専用」にしたのは2015年夏以降と思われ。

2013年07月 アカウント開設
 初tw 投資や相場の記事tw、政治関係、自民批判
http://twisave.com/erndrvn/2017/2/8/p:2?sort=asc
2014年 政治関係がほとんど、反自民の方向からの反HPVV

 ↑ 関心事:投資、相場、政治(自民批判)

アカウント主の像が一致しない

 ↓ 2015年8月以降の表明
・娘がHPVV副反応被害(診断はおりていない)
・林のカイロで大幅に回復(完治宣言はないままアカウント放置)
http://twisave.com/erndrvn/2017/2/8/p:6?sort=asc
2013年秋 高2(部活の後輩が、というからには)
2014年秋 高3 受験準備時期 予備校に通えず
2015年秋 大1? 18-19歳
 11/19 「サークル」発足前に「実践中」、keikomやココロノートと交流あり、
 にも関わらず「サークル」の「症状一覧」に該当者がいない!?

2016/01/11 症状一覧集計 内訳:メーリングリストメンバー
http://fimg.freeml.com/data/mlc/16490001-16500000/016493758/o_C345611620479904001458144543file1.png

00-4.png

2015年=H27年6月以降に治療()開始
かつ集計時の年齢(18-19歳)に一致するのは、最下段のみ。
しかし「副反応発症時期H26=2014」が「2013年秋」に不一致。

2015年
http://twisave.com/erndrvn/2017/2/8/p:2?sort=asc
05/21 HPVV関係初出 オーソモレキュラー栄養療法
http://ameblo.jp/daizumametarou/entry-12021430682.html
06月 大1? 林に連絡を迷っていた時期
07月 林のブログ記事tw、myRT、三原じゅん子批判、みかりんブログ記事tw
08月 マザーテレサ、末期がんを治す食事、
08/22 初当事者発言 http://archive.is/iTrhP
09月 反HPVV
10月 村中批判、反HPVV ↓
http://twisave.com/erndrvn/2017/2/8/p:3?sort=asc
11/19 「実践中」http://archive.is/C0Jzm
★11/22 「サークル」発足 「子宮頸がんワクチン治療法情報」
http://web.archive.org/web/20160325161207/http://hpvv-kokuhuku.jimdo.com/
11/27 myのRT多数
12月 12/19頃以降、特に12/26以降tw急増 ↓
http://twisave.com/erndrvn/2017/2/8/p:4?sort=asc
12/10「サークル」初宣伝
12/26「うちの娘は、林先生の食事療法プラスアルファで劇的に改善した」
12/26「うちの子は最後まで病名すらもらえませんでした。思春期病、心因性?」
12/26「娘は「初めて、ワクチンが原因と認めてくれた先生だから、悪く言わないで」と言います」
 矛盾してないか?

※これに関しては、けら=keikomのヨミドクター記事に重なる。
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161108-OYTET50045/
一般病院の医師はワクチンとの因果関係の可能性を一切認めてくれませんでしたから、カルテにワクチンのことを書いてくれたのは目の不調でかかった眼科だけです。

しかし、下記は「当該眼科のある病院」ではないだろう。

ヨミドクターの内容を無関係とすればなおさら、
「最後まで病名すらもらえず」「初めて認めてくれた先生」は矛盾する。

2016年
01月 「もう完治に近いところに来ているような気がしています」
01/21以降、twが途絶える
2/07 「ご無沙汰しています」
3/09 「回復者の仲間入りかと思った矢先、激しい寒暖差で逆戻りしましたが、今は、だいぶ回復しています」  
3/17 HPVV記事tw http://archive.is/bYt8L HPVVのtwはこれが最後
★3/20 ウェッジ4月号発売
★3/22 ピチス アカウント開始
「最後まで病名なし」→ピチス「HANS」で仕切りなおし?
04月 RT1
2017年
02月 RT1


posted by Erin at 00:00| Comment(0) | 治りますよの会:動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする