2017年01月07日

四知 

天知、神知、我知、子知、何謂無知。
tiān zhī, shén zhī, wŏ zhī, zi/zǐ zhī. hé wèi mó/wú zhī.
天知る、神知る、我知る、子知る。何ぞ知るもの無しと謂うや。

林(以下Lim)が、なんだか知りませんがキレてますw

天知る、地知る、我知る | オーソゴニストのブログ
http://ameblo.jp/orthogonist123/entry-12235215143.html

Lim、それを書くならせめて「子知る」まで入れよう。
子(し)は二人称。当事者である己が知らぬと謂うのか、という突きつけです。

天知る、地知る、我知る、子知る
http://kanbun.info/koji/tenshiru.html

>自称寄り添い屋
ぶっ。しょっぱなから笑わせてくれます。さすが珍妙な日本語を書くオーソ氏。
「寄り添い屋」は被害者への協力者に対する、外部の者による蔑称です。
まぁ被害当事者から「メサイアコンプレックスに利用するな、迷惑」と一括されることもあるかもしれませんが、「寄り添い屋」の呼称を使うのは、まず外部者です。その存在が彼らには邪魔だから。

で、外部者からの蔑称を、自称する人がいるんですか。

「寄り添い屋」と捻くれた罵倒をしたいならそのまますればまだいいものを、
「自称」などとつけるから訳の分からないことになる。

>想像すら出来ない様な酷い事を書き綴り、
具体性ゼロの感情論ですねぇ。
ピチスのモデルを突きとめられた=虚構確定、がよほど効いたんでしょうか。

ピチスのモデルがいました。
http://nohpvv.seesaa.net/article/445527057.html

>回復された方々の個人情報をインターネット上にて晒し上げて罵り楽しんでいる、
捏造の中傷ですねぇ。
本人開示・本人発信の情報を、晒し上げと言いますかねぇ。まずそこ。
それに、あくまでも「ネット上のHNでの人物」に限定し、
本名ほか、知っていても出さない、検索語も示さない、などの配慮をしています。
言いがかかりはLimのお家芸で習い性だから、やめられないんですかね?

>私が診る患者らをプロテクトする為に
>全アメンバーを削除させて頂き、読者登録をも削除致しました。

ふーん。そんなもので何をどうプロテクトできるのか知りませんが、
そうやって騒ぐほど、言及されて困ることがあったんですねぇ。
Limはこんな風に露骨な反応をするから(してくれるから)、
あぁそうですか、有効だったんですね、とこちらに伝わってくる。
頼んでないのに。ありがとう。

Limも治りますよの会員も、「口数は多いのに、参照先を出さない」。
いつもこれ。
参照先を出さないのは、読者に確認させないためです。
確認されたら、嘘をついているのは誰なのか、読者に判断されるからです。
で、参照先を出さず、確認させず、被害アピールに徹する。
普通の判断力のある人なら、そのやり方にうさんくささを感じ、
論理性ゼロ、正当性ゼロ、で即ゴミ箱行きです。

まぁ、詐欺師というのは(一般論)騙されそうな人だけをターゲットにするので、
まっとうな判断力のある人を納得させるためのコストは払わないのと同じことでしょう。

>去年までは子宮頸がんワクチン副反応は、
>自律神経症状由来が大半と書いて来ましたが、
>今年からは【不定愁訴】に言い換えます。

Limは論理思考が幼稚園児並みなのではないか?
>副反応(の症状)は、自律神経症状由来 ←正誤はともかく「由来」の話
>【不定愁訴】(という状態)に言い替えます。 ←「由来」を「状態」にすり替え?

>治してあげる、治さないといけない病態。
気持ち悪い。「治してあげる」ここにLimのメサコンがモロに出てます。
恩着せ感覚がモロ。肥大した承認欲求と自己顕示欲のなせるわざじゃないですか?

>治った方、治せた方々の実談を集積して追い求めないなら
治ったというから内容を追い求めて精査したら、ボロボロ嘘がでてきたんですけど。

>何を追い求めているのかと。
事実に決まってるじゃないですか。他に何があるんですか?

>診断書有る無しに関わらず
診断書のない人のほうが多そうですね。気にしているみたいなので。

>50名が治った
それにしては、体験談として出てくるのが、なぜ、
・一人目というユミが1回
・モモカが別人のふりをして4回(手記、Wedge、ヨミドクター、MRIC)
・ピチスという虚像(SNS、MRIC)
なんですかね。
なぜ、
・治らずに治療打ち切り
・治らずに別の代替医療者に引き継ぎ
については無言なんですかね。
彼らは別に「非礼をはたらいた」人たちではないでしょう?
非礼が無礼が、とだけ言いつのる現状では、
無辜の人たちに不当に泥を浴びせているのと同じです。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。