2017年03月05日

林オフィシャルサイト() ★追記あり

2017/03/01 開設
林カイロプラクティック オフィシャルサイト
http://orthogonist123.com/
現ブログの情報を並べ直しただけで、新規の情報はゼロです。

※3/06追記 -----------------------------------------------------------------

相変わらず「氏名なし、住所なし、電話番号なし、顔写真もなし」。
連絡方法は「メールフォームのみ」
=メールアドレスすら不明、送信者には送信文すら残らない。

最もダメなのは、
問い合わせ者には電話番号を必須として要求し、自分は開示しない」点。
  ↓ 
問い合わせ者の個人情報を吸い上げ、業者が営業情報を開示しない

こんな厚かましいビジネス、聞いたこともない。

---------------------------------------------------------------------------

● プロフィール
プロフィール=私自身の体験 だって(呆)。
プロフィール=経歴や資格を載せるんですよ!

いろいろ嘘書いてます。

>子宮頸がんワクチン副反応は、
>薬液の問題点が不快症状を引き起こすきっかけになり ← 林(以下Lim)の自説

>最終形態が
>自己免疫疾患、慢性疲労、副腎疲労、起立性調節障害、
繊維筋痛症様 ← 線維筋痛症
>を引き起こすとされています。← 自説を定説にすり替え

● 初めての方へ=TOP
>難病奇病難治性とされてきた子宮頸がんワクチン被害(HPVV)
● ヘッダー上部
>難病奇病で治らないとされてきた子宮頸がんワクチン(HPVV)接種後の症状や副反応

めちゃくちゃ。
1.「難病奇病」「難治性とされてきた」「治らないとされてきた」誰によって?

2.子宮頸がんワクチン被害(HPVV)じゃない、子宮頸がんワクチン(HPVV)

3.被害 / 接種後の症状や副反応 相変わらず定義の意識なし。
 被害=副反応、接種後の症状=因果不明。

4.「難病奇病」そもそも、薬害(疑い)を「病気」と言いますか?

公害の「水俣病」は「その地域でみられる原因不明の難病」として
「病名に見える被害症状の名前」がついたんじゃなかった?
原因が先に推測されていれば(かつ超圧力も無ければ)
「チッソ水俣工場被害」が呼称になっていたかも。
あるいは薬害のスモン(SMON)やHANSのような名前になったかも。

ともかく、「症状・症候群」としての名前があるわけですよすでに。
「HPVVによると推測される症候群」として「HANS」。
それ「病気」と違うんじゃないの????

Limの日本語がめちゃくちゃなのは毎度のことだけどね・・・しかし酷い。

>自己紹介。私の姪も子宮頸がんワクチン副反応被害者でした
>初めまして。
>神戸市内でカイロプラクティックを営む柔道整復師の林(りん)と申します。

これプロフィールでしょう。全体構成がなってないな〜。

「副反応被害者でした」。言い切ってますけど、
医師による副反応の「診断あり」ですか、
林の触診=要するに医療資格のない林が「そう思った」のどちらですか。
「副反応被害者」と断言するなら「HANS診断あり」を提示すべき。
「HANS診断なし」なら「接種後の症状」「副反応だと【思う】」とすべき。

>私の姪も、子宮頸がんワクチン副反応の症状が発症し

「副反応の症状が発症」って何ですか?
「HPVV副反応の症状」というものはありません。
「多種多様な症状が現れては消え」「HPVV由来が強く疑われる」のを「HANS」と診断するわけですが、「HPVV副反応の症状」という固定化された何かというものはないし、
「症状が発症」は日本語として間違い。二重表現というものです。
(例:丸い電球、高熱を発熱、など)

※栄養について
>栄養士、管理栄養士は名称独占免許であり、
>これらの名称を名乗らず、治す等の表現を用いない限り問題になりません。

ファッ!? さんざん「治す」の文字を見てきましたけど!?

名称独占とは
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1041698430
>資格がなくてもその業務が行えます。しかし、資格がなければその名称を名乗れません。

平成十四年四月一日から施行された改正栄養士法によれば、
『管理栄養士は、傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導を行うに当たっては、
主治の医師の指導を受けなければならないものとすること。(第五条の五関係)』https://oshiete1.nifty.com/qa625742.html

Limは管理栄養士の無資格者なので、単純にこう読むことになります。
「傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導を行うに当たっては、
主治の医師の指導を受けなければならない」

大事なことなのでもう一度。
主治の医師の指導を受けなければならない

主治医の指導受けてるの?

例えばピチスの例では(望月だけど)、
主治医に食事療法を伝えたのは、主治医の治療最終日。
「主治医の指導なしに、望月が傷病者に療養のための栄養指導を行った」
以外のなにものでもないよ!? 望月、何やってんの!?

● 私自身の体験談
http://orthogonist123.com/page-30/
また姪の話。同じ話を2ページに重複させますかね。
内容へのツッコミ記事:姪の話は本当?
http://nohpvv.seesaa.net/article/444900319.html

● 治療・回復までの流れ
https://orthogonist123.com/treatment-flow/
冒頭
>「治してほしい」ではなく「治すんだ、やりぬくんだ」という気構え
末尾
>何より大切なのは、ご本人の「治したい!治せる!」という気持ちです

はいはい。治らない場合は「ご本人の気持ち」の問題ね。
顧客の責任にするところが、潔くないねぇ〜。
「療法に100%はありません」(事実)と「本人の気持ち」(責任転嫁)は違う。

******************************************************************

※最終更新日は2017/06/22現在

2017-02-22 ホームページ開設のお知らせ
http://ameblo.jp/orthogonist123/entry-12250143185.html

プロフィール  http://orthogonist123.com/profile/
 公開日: 2016/12/31 最終更新日:2017/04/20
初めての方へ  http://orthogonist123.com/
 公開日: 2017/02/09 最終更新日:2017/03/07
回復例  http://orthogonist123.com/performance/
 公開日: 2017/01/11 最終更新日:2017/04/20
子宮頚がんワクチン副反応からの回復例 http://orthogonist123.com/page-721/
 公開日: 2017/05/09
2015/09/20 ガーダシル被害者 快復例 ケースbT M3 8人目
>中部地方A市在住のBさん
http://ameblo.jp/kokoronote96/entry-12077097352.html / http://archive.is/9SIoT
「子宮頸癌ワクチン副反応から食事療法による治癒まで」
http://ameblo.jp/orthogonist123/entry-12273043051.html
※再掲になります。以下HPから
http://orthogonist123.com/page-721/
・この方はガーダシル接種になり、固有な食べ物を制限して頂きました。

子宮頚がんワクチン副反応と呼ぶ自律神経症状は、起立性調節障害の亜流?
 http://orthogonist123.com/page-738/
 公開日: 2017/06/19
治療・回復までの流れ http://orthogonist123.com/treatment-flow/
 公開日: 2017/01/11 最終更新日:2017/03/02
私自身の体験談 http://orthogonist123.com/page-30/
 公開日: 2016/12/31 最終更新日:2017/02/28
起立性調節障害のあなた方へ
 公開日: 2016/12/31 最終更新日:2017/03/01
お問い合わせ http://orthogonist123.com/contact/
 公開日: 2016/12/31 最終更新日:2017/02/09


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。