2017年05月19日

初期の「快復情報」の嘘

初期の「快復情報」を時系列突合せで確認。

オールドボーイのブログで林の記事紹介・転載
2014-10-27 HPV(子宮頸がん)ワクチンの副反応は、克服できるのだ
http://ameblo.jp/mother-teresa/entry-11944471093.html
上記転記 当記事後半

具体的な情報ゼロ。
ワクチンの種類、回数、接種時期、症状、治療内容、期間、該当者の年齢、等々。
それでいて
>ソフィア氏からワクチンの作用機序の科学的解説、論文を聞いた
確認すれば、そんなものはない。
機序の解説は一向にされないし、論文は「無い」。

ユミ http://archive.is/UFQrf
2011年10月 サーバリックス1 (当時16歳)
2011年11月 サーバリックス2
2012年04月 サーバリックス3

モモカ http://archive.is/wtIeN
2012年03月?ガーダシル1 中2
2012年06月 ガーダシル2 中3

2014年
02月 モモカ 食材制限開始
03月 モモカ 林(Lim)のカイロを受ける 帰りはすたすたと歩く

01月 ユミ 食材制限開始 ※時期は画像(顧客アンケート)による。
 >Yumiさんはその日からカイロプラクティックをうけ、すぐに楽になりました。
 >Yumiさんは始めはカイロプラクティックを2週間に1度受け、
04月 ユミ 大学入学
 >彼女が大学に入学したころには、彼女の症状はかなり改善されました。
初夏 頭髪が生え始める
秋  頭髪はすべての領域で生え始める

06月 オールドボーイ 林(Lim)と知り合う
09月 オールドボーイ 神戸に行く、モモカと会う

2014-10-27 より前の時点 抜粋
【ユミ】
ゴールしましたね。
トータルで私が診たのは5回だったか。← 1月から2週間に1度では?
全くの無症候で4か月程経過している。← 2014年7月以降無症状の意
 秋に「頭髪はすべての領域で生え始める」なので、秋まで生えていない領域あり

【モモカ】
もう一人の子も、山は完全に越えた。← 治療()終了は翌年初夏
遠方からやって来たAさん、はるばる御苦労様でした。← 山口から神戸
※Aさん=旧ブログでも同じ呼称

顧客アンケート 自己申告の内容と、林(Lim)の記事が微妙に違う。
HPVV接種月や、治療()開始時期など。
顧客の自己申告が正しいなら、林(Lim)の記事はいちいち嘘入れてるということ?

00-4.png

*****************************************************************************

※オールドボーイのブログで林の記事紹介・転載
2014-10-27 HPV(子宮頸がん)ワクチンの副反応は、克服できるのだ
http://ameblo.jp/mother-teresa/entry-11944471093.html

(以下転記)

個人的にもこの問題を追い続け、テレビや新聞、
ネットでも何かと話題になっているHPV(子宮頸がん)ワクチンの副反応の問題。

今年の6月頃だったか、とあるカイロプラクティックを施術する方と知り合い、
このワクチンに関する情報をやり取りしていき、
9月にはこの方(アメブロ上では、ソフィア氏と名乗っている)がいる神戸まで出向き、
HPVワクチンの作用機序から治療方法の概略を教えて頂いた。

一人のカイロプロクテターが辿り着いた境地に、僕は愕然としながら解説を聞き、
その後も次々に新しい情報を得られながら、その度に電話やツイッターで解説して頂いた。
そして遂に、ソフィア氏や仲間の治療家の方が被害者を施術し、
食餌指導をしながらゴールへと・・・

以下、ソフィア氏のブログを転載。

※自己陶酔感満載、中二病こじらせ中年のポエムです。くだらん。

********************************************************************************

折り返し点を回った、ゴールが見えたではなく

ゴールしましたね。 ← いきなりポエム
今日の説明の帰り際に、
最初にお会いした時に、
初回、キツイ事を言って申し訳無かった、
それもこれも今となっては
私の心中がお判りになられたでしょう?と。 ← 支配の法則やん。鞭たまに飴。
満面の笑みで、理解出来ますと。

最初、娘さんは何をされるのか
分からなく、逃げ出そうとしました(笑)
かなり厳しい視線で”睨まれ続けた”(笑)

初期の厳しい食餌制限や推奨を守られ、
表現が悪いが、良く喰らい付いて来られた。
トータルで私が診たのは5回だったか。
二回目の来場時から、笑顔に変わって行った。
三回目からお二人とも、柔和な表情に
なられた。 ← 改行しまくり、ポエムとしても異常な改行
そして努力の甲斐あり、
全くの無症候で
4か月程経過している。
表情、なり振る舞い、言動は
真実を隠せない。
ありのままが何気なしに表れます。← 変な日本語

もう一人の子も、山は完全に
越えた。まあ、大変だったが、
親娘さん共々、私だけを信じ、← 自己愛に胸焼けする
良く付いてきてくれた。

遠方からやって来たAさん、
はるばる御苦労様でした。
無事、着きましたでしょうか?
3度目でしょうか?
今日、初めて娘さんの笑顔を
見れました。お伝えしたように、← 改行の基本を知らないのか?
まだ硬い部分が散見されます。

お伝えした子宮頸ガンワクチンの
作用機序を念頭に置き、
引き続き、食餌療法をもう少し
継続しましょう。禁忌食品、
食材を厳守です。小麦は大丈夫でしたね。
デトックスとかは自己治療や修復には
全く、関係ありませんので。

まだ、お伝えしきれない方も
おられます。
帰りの車中で、あの子が、
あの子も克服出来、症状が
数ヶ月間全く出ていない、
そして満面の笑み。
治療家冥利に尽きると、
ボロボロ涙が出ました。
周りの方から怪訝そうに見られ、
隣の乗客は遠ざかりました(笑)
人間、嬉しくても、
涙が出るものなんですね。 ← うへぁ・・・・

※子宮頸ガンワクチン副反応に
対しての作用機序の理解と
この施術と食餌、栄養、
環境整備のスタイル、
全くの痛みを伴わなく安全で、
再現性も高いレベルであり、
自己での機能回復を目指し、
環境整備と栄養、食餌を
組み合わされば、
今のところ、磐石です。
毎月の費用もかなり
お安く継続出来ます。
そして今日、新たな修復方法を
初めて見聞出来ました。
裏の裏の裏の裏をかく、← 裏表裏表になって表面通りですが
より強固にする為に。

やられたんだから、
やり返して接種以前より ← やられた、やり返す、発想が暴力的
健康になれば良い。
私はそのお手伝いをします。
では。

(転載おわり)

HPV(子宮頸がん)ワクチンの副反応は、作用機序を理解し、
摂るべきもの、摂ってはいけないものを守り、
身体の快復を診ながら適切な治療を行えば克服出来るのだ。

ここに一つの治療方法が確立した。
デトックス、点○療法などではない。

9月に神戸に伺った時には、実際に被害者の方とも会い、お話しさせて頂き、
ソフィア氏の施術、指導で回復中であることなどを聞くことができた。
また被害者の親御さんともお話できた。

今も、このソフィア氏とは毎日情報などをやり取りし、
ソフィア氏は、更なる情報の発信や治療の方法を全国の治療家へ伝えるべく努力されている。


posted by Erin at 00:00| Comment(0) | 治りますよの会:動向 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。