2017年02月07日

診断・治療 記事一覧

「治りますよの会」が絶対に言わないこと
http://nohpvv.seesaa.net/article/445173487.html

「快復者」を精査する-2 時系列突合せ
http://nohpvv.seesaa.net/article/446080828.html
「快復者」を精査する
http://nohpvv.seesaa.net/article/445705239.html
「治さなかった人」!?
http://nohpvv.seesaa.net/article/445697327.html

「先生、それは合法ですか?」-2 サプリ
http://nohpvv.seesaa.net/article/445151488.html
「先生、それは合法ですか?」-1 希釈水
http://nohpvv.seesaa.net/article/445146990.html

ODと「治りますよの会」
http://nohpvv.seesaa.net/article/444937024.html
OD原因をHPVV由来にしている疑い-2
http://nohpvv.seesaa.net/article/444946133.html
OD原因をHPVV由来にしている疑い-1
http://nohpvv.seesaa.net/article/444921345.html


参考記事
自己免疫疾患(アレルギー)ととらえて
http://ameblo.jp/3fujiko/entry-12031997951.html


posted by Erin at 18:00| Comment(0) | 治りますよの会:診断・治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月06日

「治りますよの会」が絶対に言わないこと

「葉月のブログ」コメント
http://blog.goo.ne.jp/hazukimutsukinagatsuki/e/1585b5ffddd446efad23f0d7891b658c
2015/05/24
私の子供は別のワクチンの被害者です。
ソフィアさんは治療者、けらさんはその患者家族ですね。
でも2人はそっくりでまるでソフィアさんの信者のよう。
葉月さんは公平な立場から被害者を救けようとされているのに
なぜ頑なに聞く耳をもたれないのでしょう?
タダで教えるのが惜しい。
自分たちが爪弾きにされたナントカ会には教えたくない。
そんなふうにしか見えませんよ。
完治者を生み出してるんなら堂々と公表されたらもっとあなたの名をあげることになるのに残念です。
けらさんはさらにそれを妨害されています。子供さんも見ているんでしょう。
被害者の子達のこともっと考えてほしいです。

5/25
手柄の横取りや保護者との確執などと言っている場合でしょうか。
世界中の子宮頸がんワクチン被害者の健康を取り戻すことに貢献されることを期待します。
うちの子供はワクチン接種が原因でなくなりました。

5/31
私の娘も、会の会長さんからの紹介で、掛かりましたが、娘の野生の感でお世話になる事は、ありませんでしたが、会長さん始め会員で、林さんやクレアの望月さんにかかった方は、40人どころではなく、かなりの方が、かなりの投資をして掛かっていらっしゃいました。実際に治療を受けられて治られたという報告は、受けていないというのが、私の持っている情報です。

食餌療法も、きちんと指導通りやっているにも関わらず、悪化した方も多く、痛みも激痛に見舞われた方もいます。すると、指示通りにやらないからだとか言われたりしたようです。

我が家は、林先生に貢献していませんが、会長さん始め、ものすごく高額な治療費を払われた方には、無料で手を差し延べてあげて欲しいです。

それから、神戸の林先生に掛かったのですが、領収書の発行がなかったことも、疑問に思いました。それから、聞いただけですが、当初5,000円だった治療費も、最初から見ると、値上がりしていったと聞きました。

5/31
娘がツイッターをやっていて、一部の被害者の子供達の間でソフィアさんのグループがIPアドレスを調べていることを知り不安と混乱が広がっています。



posted by Erin at 18:00| Comment(0) | 治りますよの会:診断・治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

「快復者」を精査する-2 時系列突合せ

「快復者」を精査する-1 一覧との突合せ
http://nohpvv.seesaa.net/article/445705239.html
OD・HANS診断と「治りますよの会」
http://nohpvv.seesaa.net/article/444937024.html

2015/12/07 治療仲間たちの 副反応症状と過去の治療歴
http://ameblo.jp/kokoronote96/entry-12103540350.html
どこかの だれかさん もう自作自演とか 言わないでくださいね
この治療法を 信じて 頑張ってこられた方が根治した 事実を 受け止めてください

1.多くの病気は2-5割、平均3割が、放置またはプラセボで治ります。
2.自作自演の最たるものが、術者と信望者ぐるみの「プロジェクト・ピチス」です。

● 「○人目の快復者」のカウント
「林望月いずれかまたは双方の指導と施術を受けた顧客」での累計。
(例:望月が担当したピチスを林が「37人目」として発信していた)

● 「副反応」→「接種後の(不快)症状」に言い替え・主旨替え
「40人目」までは明確に「副反応からの回復」だったのが、
その後済し崩し的に?定義・表現がぼけてきます。

そもそも「副反応被害」については
「一人目のユミ」からして副反応の診断がない → http://archive.is/UFQrf
「二人目のモモカ」も副反応の診断がない → http://archive.is/wtIeN
 しかも、けら曰く心因性、林曰く自律神経由来、要は「副反応は関係ない」。

よって通算の「○人目の副反応からの回復」は、カウントとして全部嘘

・・・凄まじい嘘吐きっぷりですな。

● 不審点列挙
そもそものそもそも、
「副反応」の主張根拠不明(触診とオステオパシーで判断?)
「快復」の根拠不明(これも触診とオステオパシーで判断?)
「由来」も昨今は「HPVV由来にこだわらない/こだわるな」→「自律神経由来」

そして
「快復者」が実在する・事実通りである証拠は何もない。

さらに
林望月から後任者へ引き継いだ顧客の扱いが不明。
快復宣言の後、体調不良で大学中退する元顧客の扱い(定義・カウント)も不明。

50人いる割には、HNと報告が一致する者が数人しかいない。
ユミ、モモカ、oicyanmix=太陽の下、ハピネス、あずりん、ピチス※、

※ピチス=「太陽の下が下地」+「あずりんのエピソード借用」
※PonとWITHYOU(元KARIM*F)は代替医療で回復というだけで、林望月か不明。
※oicyanmix=太陽の下、はる、たんあやはus明。

◆続きを読む◆
posted by Erin at 00:00| Comment(0) | 治りますよの会:診断・治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

「快復者」を精査する-1 一覧との突合せ

「治りますよの会」が主張する「快復者」を精査します。

2016/01/11 症状一覧集計 内訳:メーリングリストメンバー
http://fimg.freeml.com/data/mlc/16490001-16500000/016493758/o_C345611620479904001458144543file1.png
00-4.png

● 「快復者」としてHNが出ている人(母/子)
Tama3766/ユミ → 赤枠上段
けら=keikom/モモカ → 赤枠下段
oicyanmix=太陽の下 → 橙色枠
あずりん → 紫色枠「20人目」(詳細後述)
ハピネス → 報告記事「17人目」橙色の二つ上?(詳細後述)
はる
たんあや/あやたん
※ピチスは虚構、KARIM*Fはけら・Ponは林(Lim)のなりすまし

● その他
ココロノート → 水色 林から離れたサークル発起人
塗りつぶし 術者による記事が確認できるもの 緑:林(Lim)、赤茶:望月

緑塗りつぶし 上から順に林(Lim)の事例報告
(本人のブログ記事は削除されているため、ココロノートの転載記事)

2015/09/20 サーバリックス被害者 快復例 ケースbU
>東京都下在住のGさん 17歳
http://ameblo.jp/kokoronote96/entry-12077096175.html / http://archive.is/yaEJc

2015/09/20 サーバリックス被害者 快復例ケースbS
【広島県A市在住の方】接種2011.9/7 -10/8-2012.4/27
http://ameblo.jp/kokoronote96/entry-12077097897.html / http://archive.is/DftY2

2015/09/20 ガーダシル被害者 快復例 ケースbT M3 8人目
>中部地方A市在住のBさん
http://ameblo.jp/kokoronote96/entry-12077097352.html / http://archive.is/9SIoT
林カイロプラクティック オフィシャルサイト
子宮頚がんワクチン副反応からの回復例 2017/05/09公開
http://orthogonist123.com/page-721/
「子宮頸癌ワクチン副反応から食事療法による治癒まで」
http://ameblo.jp/orthogonist123/entry-12273043051.html
※再掲になります。以下HPから
http://orthogonist123.com/page-721/
・この方はガーダシル接種になり、固有な食べ物を制限して頂きました。

2015/09/09 15人目の回復 〜サーバリックス副反応より〜
http://ameblo.jp/kokoronote96/entry-12070993754.html / http://archive.is/4cq0l
※記事題は15人目だが、リンク先は
サーバリックス副反応からの快復例 No.7
>14番目の#子宮頸がんワクチン副反応禍から全快したと判断出来る方
ココロノートは「15人目」といい、林(Lim)は「14番目」という。どっち?
※転載は8人目について
一覧情報から見る限り、ケース5、8人目、望月の報告3、の三者が同じに見える。

2015/09/20 サーバリックス副反応からの 快復ケース bV
http://ameblo.jp/kokoronote96/entry-12077094784.html / http://archive.is/C5eIj
>14番目の#子宮頸がんワクチン副反応禍から全快したと判断出来る方
>大阪の、皆さんが良く知る方 ← ?
>この方の諸症状は、ブログ、ツイッター等で皆さんの良く知る所。 ← ブログ?誰?

2016/02/15 娘は食事療法で生まれ変わっていくようでした〜19人目の快復手記〜
http://ameblo.jp/kokoronote96/entry-12128966056.html / http://archive.is/rMcRp

M1-3 望月の「改善事例」
1=oicyanmix=太陽の下 → 橙色枠
1 2015/11/07 http://ameblo.jp/clea-chiro/entry-12092812527.html
2 2016/03/03 http://ameblo.jp/clea-chiro/entry-12135099391.html
3 2016/04/14 http://ameblo.jp/clea-chiro/entry-12150240783.html

あずりん @nskwnskw2016 https://twitter.com/nskwnskw2016
ブログ http://ameblo.jp/azurin2014/
・平成27年05月 発症
・2015/09/16 HANS診断 http://ameblo.jp/azurin2014/entry-12074490549.html
・2015/10/07 治療開始 http://ameblo.jp/azurin2014/entry-12081656430.html
・2016/01/24 快復宣言
ガーダシル副反応から 20人目の卒業 〜大阪施術会より〜
http://ameblo.jp/kokoronote96/entry-12121981520.html / http://archive.is/mxSUc

ハピネス @1129Fuku https://twitter.com/1129Fuku
一覧に記載なし 「17人目」「関東圏在住のCさん」
2015/12/13 お母さん 私を元気にしてくれて ありがとう〜17人目の快復者〜
http://ameblo.jp/kokoronote96/entry-12103306371.html
保存URL http://archive.is/nGRdV

症状一覧では、橙枠(太陽の下)の二つ上?のようでもあるがが、
接種時が一年と一カ月ずつずれている。→ H24.6.7.12月

中学一年
H23. 7月サーバリックス1回目
H23. 8月サーバリックス2回目
H24. 1月サーバリックス3回目

H24年、中学2年に上がり何度か左膝の痛み
11月下旬 朝は目が覚めず、身体も起き上がらなく『起立性調節障害』と診断

H26年の10月にワクチンが原因の副作用と、信州医大で診断

H27年2月に解説を聞いて 食餌指導を始め
3月初旬…望月先生のカイロプラクティック 望月先生のところへは、月に一度
林先生が関東まで来ていただける時 3月…5月…8月…11月と4回
三部制の午後からの学校

ハピネスのプロフ @1129Fuku https://twitter.com/1129Fuku
娘が中2の冬に起立性調節障害を発症し、学校に行けなくなりました。H26年4月、三部制の高校に入学し…今は、午後からの登校をしています。そしてH26年10月、子宮頸がんワクチン副作用により、悪化をしたことが判明。スモールハート症候群と言う診断も受けてます。H27年2月〜食餌制限開始。今現在は快復しています!


posted by Erin at 12:00| Comment(0) | 治りますよの会:診断・治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「治さなかった人」!?

林望月にかかって治らなかった人は、
林からは「非礼があってお断りした人」、けら=keikomからは「治さなかった人」、
にされるようです。
さすがカルト。責任転嫁は言うまでもなく、汚名まで着せるわけだ。

00-1-3.png

暴言の極みである。

「サークル」発起人 ココロノート
※新しいものが上
2016/12/17 PMDAへの申請
2016/12/01 無治療ないま
2016/08/14 サークルについて
2016/07/07 七夕に祈りをこめて
2016/05/17 ゆっくりのんびり組 & 早期快復組のブログ

2016/12/17 PMDAへの申請
http://ameblo.jp/kokoronote96/entry-12229504065.html
治療仲間さんたち6人と 久々にランチしてきました
離脱者・治療継続者?治っていない人が最低7人。

安心安全な集まりは心が穏やかに
(攻撃的な人がいない集まりやもんね〜〜と誰かのお言葉)
治った人・治っていない人で分裂が進んでいる様子。

色んな ややこしい 渦の中に巻き込まれるのは 苦手です
ココロノートも大概である。
連絡会への当てこすり発言をしていたくせに、こうやって善人ぶる。

00-1.png

2016/12/01 無治療ないま
http://ameblo.jp/kokoronote96/entry-12224592870.html
治っている人がいること なかなか治らない人もいること
十人十色なので

謳い文句だった 接種前よりも元気な体になっている人が
どのくらいいるのかわかりません


私の身近な人は 西洋医学もやっていなくて
私の何百倍も信頼して一年続けても 結果が出なかった
これも事実です


もしも私のブログを見て簡単に元気になると 勘違いした方がいれば
ごめんなさーーーい

リン先生の治療からも離れました

今はなんの治療もしてませんが 治ったからではなく
何をやっても変わらないと本人が言うから〜

2016/08/14 サークルについて
http://ameblo.jp/kokoronote96/entry-12190223982.html
他の方の言葉をお借りすれば
最初はみんな困っている同士、同じ弱い立場で一緒に頑張っていたのに、
いつしか治った人とそうでない人で 上下関係みたいになってたんですね。

時間がかかる方々に 治らないのは信仰心が足らないからよ
食事療法ちゃんとできてるの 信じてついていくのみよ、って
みたいなニュアンスになっていて

不調なことを口に出すことも できなくなっていくような…

私の力では何もできず…
考え方の違う私は引退⁉︎したほうが(笑)

なので安藤先生に管理をお願いして
サークルのメーリングリストは存続していきます

リン先生の治療を受けている方は
過去ログには食事制限のレシピなどもありますので新しい方々は
安藤先生にメール連絡をして 招待メールをもらって登録して下さいね
info@ando-hari-q.com
安藤先生=安藤秀人 安藤鍼灸院院長 http://ando-hari-q.com/

2016/07/07 七夕に祈りをこめて
http://ameblo.jp/kokoronote96/entry-12177574418.html
食事療法+αの治療法をスタートして一年が過ぎました
連絡会vs治す会のような図式に ← 治りますよの会が攻撃、の間違い
同じ被害者のはずなのに…と思うと
もう関わりたくないのが正直なところなのです ← 発起人が他人事?
関わる方々全て善意で動いているはずです ← 身びいき。中傷攻撃を直視していない。
(ワクチン推進派は論外です〜)

娘が年明け体調が落ちてしまった原因も 途中色々あったことも
サークルメンバーさんから届いた沢山の声も
事実なら何を言ってもいいのか… ← 事実ではない。虚像ピチスとか。
私はそうは思えなくて…
ブログを書けなくなりました
全体的に漂う「自分だけいい子面したがる」のが小狡いと思う。

5人中4人は食事療法は終わってるけど快復宣言はでてません

2016/05/17 ゆっくりのんびり組 & 早期快復組のブログ
http://ameblo.jp/kokoronote96/entry-12139088461.html
あっという間に魔法のように快復する方が多い中
効果がなかなか見えない人もいらっしゃいます
(中略)
1年が過ぎた人も治らないとあきらめる人はいません
ストイックにめっちや頑張ってます


posted by Erin at 00:00| Comment(0) | 治りますよの会:診断・治療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする