2016年12月18日

MRIC オールドボーイの解説と宣伝

2016-12-18
http://ameblo.jp/mother-teresa/entry-12229563884.html
昨日アップされた子宮頸がんワクチン(HPVワクチン)接種後の各症状から回復され、日常生活を取り戻した親御さんの手記。
このブログでも以前紹介した柔道整復師の林先生の施術および食事指導等で回復された事実を是非多くの方々に知って頂き、各症状に苦しむ方々の希望になればと願っています。

Vol.278 ヒトパピローマウイルスワクチン接種後の症状から回復して -
http://medg.jp/mt/?p=7209

-手記より抜粋
症状が出そろったころ、SNS で全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会の会長とつながりました。会長がつぶやいていた『HPVV接種後の副反応だとする症状』が娘の症状とそっくりだったので、娘の症状もHPVVの副作用ではないかと疑いようになりました。ほかに頼るところがなく、医師もこれといった治療をしてくれなかったので、藁にもすがる気持ちですぐに入会しました。ここで、他の会員さんが柔道整復師の林先生を紹介して下さいました。すぐに娘を連れて行って治療を受け、初回の治療後すぐに、それまで長期間苦しんでいた痛みがとれてしまいました。それまで、どの医師からも「原因はわかりません」「治るか分かりませんが様子を見ましょう」と言われ続けて不安だったのですが、林先生は「治りますよ」と言われ、私も娘もこの言葉に救われた思いでした。林先生を紹介してくださった会員の方にはとても感謝しています。

(抜粋終わり)

この林先生のブログはこちら
http://ameblo.jp/orthogonist123/

回復した方々は50名になり、まだまだ回復途中の方もいらっしゃる。
回復した方は2年数カ月も前にいらっしゃったが、なぜこのような形での発信、ここまで遅れているのか。今後明らかにされていくだろう。

抜粋部分=「宣伝したい部分」ですね、わかりやすい。
なぜもなにも、具体性のさっぱり見えない、ほのめかし満載の記事風味広告(生姜シロップとか)にそっくりなものを、どこが発信すると思うんですかね? 今回はだいぶ監修が入ったようですが、それでもワクチンの種類や接種時期など入れるべき情報を欠いているように、質が低い。

2016-12-23
http://ameblo.jp/mother-teresa/entry-12231135609.html
先週紹介した、「子宮頸がんワクチン接種後の症状から回復した方の手記 」に続いて、第二弾の回復した方の手記。
今回は、HANS(子宮頸がんワクチン関連神経免疫異常症候群」と診断された方の回復例。
このような診断をされても回復に導いたのは、柔道整復師の林先生と協力して下さる望月先生の両名。
この回復例もワクチン接種後の各症状に苦しみ、治療法を求める方々の参考になるだろう。

Vol.283 ヒトパピローマウイルスワクチン接種後に起きた娘の体調悪化とその回復について
http://medg.jp/mt/?p=7222

-手記より抜粋
どうにか治してやれないものか?治っている人はいないのか?気が付けばネットで検索ばかりしていましたが、ある日、治った方が書いたブログを見つけました。そこから他にも回復したことを書き綴ったブログを見つけて、カイロプラクティックで治している2人の医療国家資格を有する治療家(林氏、望月氏)を見つけることが出来ました。
もはやワクチンの副反応なのか、薬による副作用なのか分からない状態だった娘を一刻も早く診て欲しいと思い、すぐに連絡をとりました。治療家はあらかじめ書いておいた娘の症状と服用中の薬のメモをよく読んだ後、施術台に横たわる娘に時間をかけて診てくださいました。

傍で見ていた私達夫婦に娘の体のどこが問題でそこを正常にするためにどうするかを、時間を掛けて丁寧に分かりやすく説明してくれました。そして、娘にとって今摂るべきではないいくつかの食材と、摂るべき栄養素(サプリメント)を教えて下さいました。栄養素に関しては、どれを何週間どのくらいの量で摂るかと言うところまで細かく伝えられました。サプリメントは市販のものを購入して用いるように言われました。さらにその時、医師と相談しながら治療に専念してくださいとも言われました。
(抜粋終わり)
実に広告くさい寄稿記事、いや、「記事風味の広告」。


posted by Erin at 12:00| Comment(2) | オールドボーイ:記事宣伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月27日

英文記事(Lim Suk Ho)と原文手記 オールドボーイの解説と宣伝

● 英文記事(Lim Suk Ho)と原文手記 古→新

hormonesmatter Author: Lim Suk Ho
2014/11/11 Listening to the Body: Healing Post Cervarix
http://www.hormonesmatter.com/listening-body-healing-post-cervarix/ http://archive.is/2uWR6
2014/11/14 本人旧ブログ ひとつの事実@
http://archive.is/UFQrf

2014/11/19 Two Steps Forward One Step Back: Diary of Gardasil Injury in Japan
http://www.hormonesmatter.com/diary-gardasil-injury-japan/ http://archive.is/lQ5n2
2014/11/20 本人旧ブログ 二つ目の事実 子宮頸がんワクチン禍からの快復
http://archive.is/wtIeN

2015/01/25 Cervarix: An M-cell-specific targeted mucosal vaccine
http://sanevax.org/cervarix-an-m-cell-specific-targeted-mucosal-vaccine/#.WFj54N94mtA.twitter

● オールドボーイの解説と宣伝 新→古
指示を完璧に守れないと逆に悪化する場合がある、のだそーです。
因果関係としての理由は不明。
人間が何かを完璧にできないのは当たり前で、治らないのはきちんと守らないからだ、
とされたら常に悪いのは当人、ということになる(される)。
できないお前が悪い、やろうとしないお前が悪い、と思いこまされたらどうなる?
ストレスで余計に体調が悪化しそう。
でまた、お前が悪い、信心が足りない、みたいになるんじゃないですか?

2014-11-20 Momoka
HPV(子宮頸がん)ワクチン・ガーダシルの副反応から回復したモモカさんの手記(追記あり)
http://ameblo.jp/mother-teresa/entry-11954599503.html http://archive.is/7dBe8
今はお母様※も、このHPVワクチン被害は克服できることをツイッターやフェイスブック等で訴えていらっしゃる。 

そして何度もこの言葉を記すが、
本当に守らないと回復するものも、逆に悪化してしまうので注意してほしい。

(※前回と同文再々掲)しつこい。完全に宣伝。
※けら=keikom

2014-11-14 Yumi
ひとつの事実〜HPVワクチンの副反応被害者がカイロプラクティックで回復した記事の日本語訳
http://ameblo.jp/mother-teresa/entry-11952365391.html http://archive.is/myNlb
(※前回と同文再掲)
ここまで記載しておきながら、ワクチンの作用機序やなぜ摂るべき食材、食べるべきでないものの注意など公表しないか。

(中略)

実際、この場では語ることのできない「闇」の部分を見てきたが、このワクチン被害に関して魑魅魍魎が蠢いている。
もし、このワクチン被害に関する情報を統制しないと、この情報を利用した自称治療家、自称専門家が跋扈し、被害者の方の治療を守ることができなくなるからだ。
故に真に治療を望む方への施術や情報は、相当慎重に行っているのが現状である。

林先生のブログより転載

2014-11-12 
HPV(子宮頸がん)ワクチンの副反応被害者がカイロプラクティックで回復した
http://ameblo.jp/mother-teresa/entry-11951289197.html http://archive.is/lzWKD
HPVワクチン被害者がカイロプラクティックの林(リン)先生の施術や食餌指導で快復したという記録がホルモンズマターで掲載された。
先日、葉月の日記さんでダイジェスト
被害者手記 サーバリックス 日本
が掲載された。
(転載開始)

海外でも、ガーダシルやサーバリックスの被害者が、4,5年の苦闘の末にほぼ回復したという声を聞く事がありますが、日本でも、回復した症例があります。

以下は、英文サイトに今週末掲載予定の、ダイジェスト版になります。

2011年、2012年にかけて、サーバリックスを3回注射。

1回目の注射後、腕の痛み
2回目の注射後、腕の痛み、だるさなど
3回目の注射後、脱毛、生理異常、腕の痙攣、微熱、だるさなど

学校の行事で、体力を消耗すると、その後数日、寝込むことになる。

2012年夏
病院にて、MRI異常なし。
男性ホルモン女性ホルモンとも、低下。漢方処方されるも、苦すぎて飲めない。

脱毛の治療のためステロイドパルスを受ける。その後、毛が生え始める。

2013年春
再び、頭髪がほとんど抜ける。

2013年夏
医師に、ステロイドパルスを依頼するが、副作用を気遣って薦められないといわれる。
ホルモンは、通常範囲に戻っていたが、生理不順は継続。

2014年冬
カイロプラクティス施術受ける。当日から、身体が軽く感じる。
施術頻度、2週間に一度。食事指導等受け、遵守。

2014年春
体調は、通常通りに戻る。毎日通学できるようになる。

2014年初夏
生理も正常になる。
頭髪が生え始める。

2014年秋
頭髪はすべての領域で生え始める。

(転載おわり)
(中略)

注意して頂きたいのは、※次の引用で再掲
どのカイロの先生でも良いのではなく、施術が可能なわけではない。
ジェルを使用する超音波治療も、林先生など極限られた方でしか扱っていない特殊なジェルである。
また、きちんとHPVワクチンの作用機序の理解し、禁忌すべき食事、生活環境で注意すべき点、食餌指導が出来る方でないと逆に悪化する場合がある。
現在、林先生をはじめ、関東、東北の施術される先生、被害者の親御さんなどが参加され、治療の情報、食餌などの情報を共有化する掲示板を立ち上げている。


posted by Erin at 00:00| Comment(0) | オールドボーイ:記事宣伝 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする