2017年07月20日

三原じゅん子ほか HPVV推進の記録

mihara.jpg

2010年4月22日、千代田区星陵会館で自民党ワクチン政策議連主催によるシンポジウム「子宮頸がんを撲滅するためのワクチン普及に向けて」が開催されました。講演者」:今野良先生(自治医科大学)、三原じゅん子氏、木戸寛孝氏、松本陽子氏、臼井あかね氏。自民党からは、鴨下一郎衆議院議員(議連会長)、塩崎恭久衆議院議員(議連幹事長)、西村恭久衆議院議員(議連事務局長)、加藤勝信衆議院議員、松浪健太衆議院議員、森まさこ参議院議員。


2010/8/23 18:06
子宮頸がん予防ワクチンの危険性に関する問い合わせについて
http://gree.jp/mihara_junco/blog/entry/487485758
魚拓 http://archive.is/Yw2pE

 私が国会議員を目指した理由のひとつに、「子宮頸がん予防ワクチンと検診の無料化」を実現させたいという思いがありました。 この政策を実現させたいという想いは、私自身が、2年前に子宮頸がんを患い子宮を摘出した経験が元となっています。私には、「子どもを産めないという辛い経験は私だけで十分」、「私と同じ経験を他の方々にはさせたくない」という強い思いがあります。

私は、健康な子供を作るためには「母体となる女性は健康でなければならない」、また、子宮頸がんの治療で子宮を失う 女性を増やすことは「少子化問題を深刻にする」と考えています。そして、私は、日本の女性を子宮頸がんから守り、 「女性の健康維持」「少子化」の問題を解決する手段として、子宮頸がん予防ワクチン接種の普及が有効ではないかとの考えに至りました。

私は、上記の考えから、子宮頸がん予防ワクチンの公費助成の実現を目指したいと考えています。 しかし、接種を決めるのはあくまでも、皆さまご自身であり、強制するものではないと考えています。

私の役目は、接種したいと思った方が、経済的な理由で接種できないという現状を変えることだと考えています。


2014年5月15日参議院厚生労働委員会の議事録
→ 三原じゅん子議員国会質問議事録より
https://ameblo.jp/saysoh/entry-11962840501.html
魚拓 http://archive.is/Lwms9

2015/08/24 に公開


真実どころか、都合よく切り貼りしての不安扇動動画です。
一例 1990年と2010年の比較で
× 子宮頸がんが増えた
○ 子宮頸がんが周産期医療ほかの向上で多く発見されるようになった
○ 子宮体がん、子宮頸がん、区別されていない定義不明が減り明確化が増えた
○ 子宮頸がんに限らず発生理由は環境にもあるかもしれない
○ 2010年の子宮頸がん発症(発見)は、10-20年前の感染と排出できずが理由かも
 1990-2000年の「原因」がその後減少すれば、発症も減少に転じるかも
★ がんはがんとして発生(発見)する=結果として出るまで時間がかかるものであり
 長期であればあるほど背景要因は複雑化する。

2015-09-19
子宮頸がんワクチン副作用問題!
http://kar.hatenadiary.jp/entry/2015/09/19/071930

2016年6月18日 私の実績
がん対策
http://www.miharajunco.org/cancer/
ワクチン政策
http://www.miharajunco.org/vaccine/
魚拓 http://archive.is/RN50p

Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E5%8E%9F%E3%81%98%E3%82%85%E3%82%93%E5%AD%90#.E3.81.8C.E3.82.93.E5.AF.BE.E7.AD.96
HPVワクチン
子宮頸がん予防ワクチン接種と検診の無料化を主張している

町田徹の取材に対し、「こんな思いをするのは私だけで十分です。2年前、私は子宮頸がんにかかりました。他の人に同じ苦労をさせなくない。子宮頸がんはワクチンで予防することができるのです。これを公費負担にすれば、多くの女性が救われます。そのために政治のお力を借りる以外に道がはない、そう考えたのです」――。」と語った(参照先有料記事)

参議院議員当選後は、参議院厚生労働委員会でHPVワクチンの公費助成、副反応被害救済制度、ワクチンに関する知識の啓蒙に関する主張を行ってきた。
posted by Erin at 00:00| Comment(0) | 三原じゅん子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

勝手に推薦 ★ Ameba Ownd ★

Ameba Ownd 
トップ https://www.amebaownd.com/
ブログ https://www.amebaownd.com/blog
ヘルプ https://help.amebaownd.com/

当方作例
Lee整体院 https://ookuma.amebaownd.com/
NOELANI https://noelani.amebaownd.com/

1.推奨
2.設定に関する提案
3.使用に関する提案


1.推奨
アメブロにも運営会社のサイバーエージェントにも否定的(※婉曲表現)な当ブログ主ですが、

サイトやブログを
・始める
・引っ越す
・とりあえず試してみる

興味のある方は、Ownd を一度試しに設定してみてください。
いろいろ楽しくて、はまります。

・とにかく見た目がすっきり、洗練されている
・広告がほとんどない(先々どうなるかは不明)
・デザインの設定方法が従来のテンプレートと全く違う・納得がいく

※「ホームページ」(以下HP)と「ブログ」の根本的な違い
・HP 静的、固定的、ストック
・ブログ 動的、流動的、フロー
・HP⊃ブログ がHPの構成として一般的

※「個人が趣味で気軽に始める」ならブログ推奨です。

2.設定に関する提案
Ownd で
★ HPを始める場合
作成・テンプレート指定時に分類(目的)を正しく選択しないと後が大変です。
目的によって装備されている機能が違うのです。

★ ブログを始める場合
分類(目的)の指定はありません。気楽に行こう♪

※HPから不要要素を外していくと、結果としてブログと同じになります。

● 選択手順
1.デザインテーマ=構造とデザイン 19種類
すべてのHPとブログに対応しています。

2.カラーセット=色構成 5-9種類 +個別指定 CSS不要で色指定可
「背景色白」が大半、
「背景淡色もあり」が少し、
「背景濃色×文字淡色もあり」が少し。

★ 背景色ありを選びたい人は
開始時の「後からいつでも変更できます」につられずに
開始時のテンプレート指定で「レビュー・色の切り替え」を確認して決定しましょう。
「後から変更」ではデザインと色の切り替えを同時に確認できず、手間です。

3.サイトカバー=トップ画像 アップロード・ギャラリー多数 自動配置トリミング
従来の「ヘッダー画像」が「トップ=表紙画像」の位置づけ。
※画像のないテンプレートもあります。


● 従来のブログテンプレートの選択
・カラムの数と位置(左右、左メニュー、右メニュー)
・分類(テーマカラー、シンプル、キュート、など運営会社による分類)
・画像や色からの印象
・本文全文表示が基本。(長文を折りたたみにする設定はブログ主による)


3.使用に関する提案
HP、ブログとも、複数のSNSのハブとして使えます。
ツイッター、インスタグラム、FB、はサイト内表示とリンク、他自由にリンク。

例:市川海老蔵 公式サイト
ICHIKAWA EBIZO OFFICIAL OWND
https://xebizox.amebaownd.com/
トップとヘッダー上部に表示
INSTAGRAM FACEBOOK YOUTUBE
ブログはアメブロリンク
※ヘッダー上部に注目、サイトもアメブロも同じ表示。

Ownd に向いているブログは以下のどれか。
1.カテゴリが少ない
2.記事数が少ない
3.フロー重視で過去記事がほぼ読まれない

※当ブログは全く向いていない笑。主の副としてなら使えます。

1.は外せませんが※、ひとつのアメーバ登録からサイト設定を追加できるので、
2.の記事数が多くなったら新サイト(ブログ)を作って移動するのも一手です。
同じデザインテーマで色違い画像違いにするのも楽しそう。

※カテゴリ数の件
多くのデザインで「カテゴリ表示:ヘッダーに横並び」のため、
カテゴリが多くなると見た目が悪くなります。
カテゴリ数の上限として5程度かと。
更新が少ない・記事数が少ない場合はカテゴリを分ける必要は特になし。


posted by Erin at 12:00| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「楽屋裏」に関するいろいろ

楽屋裏 http://ameblo.jp/nohpvv/

本来なら「楽屋裏」に書きたいところですが、
運営会社のサイバーエージェント(アメーバ)が

まったく信用できない

のでここに書くことに。

もともとアメブロおよびアメーバが好きでない。

・アメブロに手を付けてみた理由
・アメブロから Ameba Ownd に移動したが削除
についてはこちらからご覧ください。
http://ameblo.jp/nohpvv/entrylist.html

信用できない の意味は、
とにもかくにも企業としての運営姿勢。
「アメブロ 不正」「アメブロ 広告」で検索するといろいろと出てきます。

書く内容・表現については気を付けていい子ぶらないと、予告なく記事を削除されます。

ほたかのブログのほたか氏もこのように。(いい子ぶるの問題ではないですが)
記事が削除されました
http://ameblo.jp/karasawa-hotaka/entry-12058698603.html

当方の場合(アメブロから転載、アメブロから削除)
あるアメブロ主にメッセージを送ったら、
勝手にアウティングされて嫌味たらしい記事を書かれたので
抗議記事を書いたら

なんと、抗議記事が削除されてる。

当人がアメーバに通報した?
内情は知らないが、アウティングした人の記事を削除するのが筋。

なにこれ。
アメブロはいとも簡単に消す。
簡単というのは、ブログ主の意向を一切問わず問答無用で勝手に削除するやり方。
予告も事後報告もなく、気がついたら記事が消えてる。
これをまともなやり方だと思っているんでしょうか。

※追記 
削除して1時間?経過してから運営から通知が来た。
事後報告、しかも時間を空けてだ。

第三者を特定し誹謗中傷云々ときた。
ふざけないで頂きたい。
アウティング・晒し嫌味記事を書いた先方の記事を消しなさい。


posted by Erin at 00:00| Comment(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月06日

ラスカル〜フェイクとパペット

ツイッター 2009年12月に登録、ID @Dr_MYoshida
Dr コマネチ2♨・草津温泉が好き(@Dr_MYoshida)  
現プロフ 休息は町認定付草津の湯「泉質主義」!硫黄はいいぉう
https://twitter.com/Dr_RasuKaru/status/881848847219085313

フェイク?
● 前ID @Dr_MYoshida と本名 ※記事末参照
匿名主義なのに苗字らしきものをIDにするのは、逆にフェイクかも。

● 体形の自己申告「165p63-66kg」
ラスカルは画像にラスカルのぬいぐるみを置き、自分を絶対に入れない。
ラスカルについて他者が書いたものを数か所で見たが、いずれも「やせ形長身」。

何しろラスカルの発言には信憑性がない。


見栄張り?
● 英語自慢 TOEIC950点越えを自称する割に
・Rasukaru ← ありえない。英語の感覚がある人なら Rascal
・heman rights ← ありえない。950点越えでアホすぎ。

● 娘自慢
・私立中高一貫校 特待生
はまぁいいとして

・小6で英語論文を読んでHPVV接種を自分で決めた
・小6で公文で高校数学関数を解き、HPVVの副反応リスクを計算した
ほんとうかぁぁ???

● 娘=パペット説
「お父さんはきれいなお姉さんが好きなんだもんね」「うまくやりなよ」他
思春期の女の子が、父親の女性トラブルについていやに理解があるのもどうもなぁ。

裁判の進行に「娘がこう言った、ああ言った」がやたらに多いのも
「娘が」の体=「娘というパペット」で自己主張している気がしてならない。


一貫性のなさ
● 民事訴訟 主張ブレブレ
2013/09/24 被告と性交ありとツイート http://archive.is/fc1iL
http://nohpvv.seesaa.net/article/451480995.html
2014/08/14 性交したことはないと延々ツイート
http://nohpvv.seesaa.net/article/451496067.html

※信憑性があるのは前者。後者は後出し、後からの言い訳として何とでも書ける。

※前者は結審直前。
訴状は読んでいたはず=原告が性交に関して訴えていることも知っているはず。

最高裁までやる → 終わらせる → 敗訴した → 最高裁までやる → 最高裁やめた
http://nohpvv.seesaa.net/article/451435818.html

小学生ですか(呆)。

● HPVV接種でブレブレ
ラスカルとHPVV
http://nohpvv.seesaa.net/article/451590166.html

● 嘘つきラスカル
2013年03月26日 Twitterがさ…
http://dr-rasukaru.blog.jp/archives/24999270.html
>池田議員が私のTwitterに絡まって来ました。

ラスカルと池田氏のやりとりは、
https://twitter.com/makoamd/status/881266484160352257
ラスカルがこの引用で池田氏に通知を飛ばしたのが最初。
氏は通知が来たから内容に質問したんでしょう。
http://dr-rasukaru.blog.jp/archives/47883297.html
歪曲で嘘を流さないように。


◆続きを読む◆
posted by Erin at 18:00| Comment(0) | ラスカル:結婚詐欺と人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月04日

ラスカル〜結婚詐欺訴訟 2014/06-

最高裁までやるやると言っていたわりに、あっさり諦めたらしい。

気が変わるのは別にどうでもいいが、
大袈裟なことをぶち上げておいて、「アホらしくなった」ってそれ、
「たかがその程度のアホらしいことを大袈裟にぶち上げていたんですね」って話。

◆続きを読む◆
posted by Erin at 14:00| Comment(0) | ラスカル:結婚詐欺と人物像 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする